盗聴器を発見したいあなた今すぐ発見しましょう。
盗聴器発見 盗聴器を探せ

盗聴の現状

データから見る盗聴事情

よくテレビや雑誌などで「盗聴の恐怖!」だとか「あなたは覗かれている!」といった過激な表現を見かける方も多いのではないかと思います。しかし、こういった表現方法では、盗聴に対する正しい知識を伝えることはできません。ここでは可能な限り、盗聴に関する各種統計や資料などの客観的なデータを集めて、盗聴の実態に迫って行きたいと思います。

■ どこで盗聴器は発見されるのか?

統計によれば、盗聴器が仕掛けられる場所として、最も報告例の多いのが一般家庭です。以下、ホテル・オフィス・風俗店という順番になっています。以下の表とグラフに、盗聴波が確認された場所の上位5ヶ所をまとめてみましたので御覧ください。盗聴器は偽装方法などの工夫次第で仕掛けられる場所は無限に広がりますが、実際には一般家庭とホテルだけで全体の50%以上を占めているのがすぐ分かると思います。上位5ヶ所まで含めれば、盗聴器全体の3分の2をカバーすることになります。世間では盗聴器が多く仕掛けられていると思われがちな更衣室・女子トイレなどでの確認報告は全体の1%未満であり、意外と低い数値となっています。主な原因としては「更衣室やトイレでは盗聴器よりも盗撮カメラが多く使われる」「発見される前に仕掛けた本人が素早く回収している」といったことが考えられます。小型で高性能な最近の盗聴器は何かと便利ですが、やはり場所によって得意・不得意があるようです。

 
順位 確認場所 全体に占める割合
1位 一般家庭 32.7%
2位 ホテル 19.1%
3位 オフィス 8.6%
4位 風俗店 4.0%
5位 飲食店 3.3%

 

■ どの地域に盗聴器は多いのか?

順位 都道府県
1位 東京
2位 埼玉
3位 神奈川
4位 大阪
5位 千葉
6位 静岡
7位 愛知
8位 北海道
9位 新潟
10位 群馬

盗聴波発見数ベスト10

盗聴波が確認された都道府県で、その数が最も多かったのは予想通り東京都でした。この他にも神奈川・大阪・愛知といった大都市を抱える府県が上位にランクインしています(この場合、あまり上位にランクされても良いことではないのですが‥‥)。左の表に、盗聴波確認数が多かった上位10都道府県をまとめてみました。

 

人口比率順 盗聴波発見数ベスト10

人口の多い地域に盗聴器数が多いのは当然といえば当然のことなのでしょう。そこで今度は国勢調査の人口データと組み合わせて、人口一万人に対して何個の盗聴波が確認されているかを計算してみました。意外なことに、鳥取や和歌山といった地域が上位にランクインしています。先ほどと同じく上位から10都道府県を並べてみると、右の表のようになりました。

順位 都道府県
1位 鳥取
2位 和歌山
3位 埼玉
4位 群馬
5位 東京
6位 静岡
7位 新潟
8位 富山
9位 神奈川
10位 大阪

 

ただし、これらの統計はあくまで「確認された盗聴波の数」ですので、実際に仕掛けられている盗聴器の数とは必ずしも一致するものではありません。参考程度に御覧ください。なお、人口一万人あたりの盗聴波確認数は上位〜下位までほとんど差がありませんでした。つまり人口の多い少ないに関わらず、盗聴波はどこの都道府県でも似たような割合で確認されていると言うことなのです。「ウチは田舎だから大丈夫」と思っていても、盗聴・傍受の被害者になる確率は大都市とあまり変わらないということが言えると思います。

 

■ どれだけの盗聴器が出回っているのか?

他人の家や会社に盗聴器を仕掛け、相手から知られることなく重要な情報を文字通り「盗み聴く」という卑劣な行為・盗聴。普通であれば他人事としか思えないような行為なのですが、近年では盗聴器の低価格化や高性能化が進み、今や盗聴器ビジネスは年間10億円市場とも言われているのです。また、ある統計によれば日本国内で一年間に販売される盗聴器は20万個以上とされています。市販されている盗聴器以外にも自作された盗聴器などを含めれば、その数は更に増えることでしょう。その一方で、業者によって発見される盗聴器は、その全体の5%にも満たない数です。これらの数値を踏まえて、一年ごとにおよそ何個の盗聴器が増加するのか簡単な計算をしてみました。約1万6千個という増加数は必ずしも正確な数値ではありませんが、大まかな目安になるのではないでしょうか。

総販売
個数
20,0000個
業者に
発見される
10,000 個
一般人に
発見される
4,000 個
故障や電池
切で停止
90,000個
仕掛けた
本人が回収
80,000個
盗聴器の年間増加数 : 約16000個

※)業者に発見される確率5%、一般人に発見される確率2%、故障などで停止する確率45%、本人が回収する確率40% として計算。


次のページへ

▲ページトップ

Copyright (C) 盗聴器を探せ. All Rights Reserved.